夏カラダのつくり方

 

6月も下旬。
来週にはいよいよ7月に入り、本格的な夏を迎えますね。
夏といえば、花火やお祭り、海水浴など楽しい行事がたくさんありますが、うだるような暑さが苦手・・・という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、これから訪れる夏を快適に過ごす「夏カラダのつくり方」をご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

いい汗をかく方法

ニオイやベタつきのせいで嫌われがちな汗ですが、実は汗そのものはサラッとしていて臭わないのだそうです。
夏に向け「いい汗」をかく方法をご紹介します。

 

(1)バスタブに熱めのお湯(43〜44℃)を1/3ほど入れ、ひざ下とひじから下だけを10〜15分浸します。
手足に集まっている交感神経が刺激され、発汗が促されるのと同時に、手足に隠れた汗腺の機能を鍛えます。

 

(2)手足浴のバスタブにぬるま湯を足して36℃くらいにし、10〜15分半身浴をします。
このとき、バスタブにコップ半分くらい(約100ml)の酢を入れて入浴すると、発汗が促され汗腺機能の回復に役立ちます。
また、殺菌作用もあるので、入浴後の皮膚を清潔に保ってくれます。

 

お風呂あがりは、すぐに衣類を着ずに自然に汗がひくまで待ちます。
冷房などで急激に冷やすと、汗が出ずに体の表面だけが冷え、入浴の効果までなくなってしまいます。
また、汗で失った水分を補給するために、お風呂あがりには水分を摂りましょう。

 

 

水分補給

夏バテ防止のためにも上手な水分補給が夏を快適に過ごす鍵になります。
ぜひ、今から1日の中で上手に水を飲む習慣をつけてみてください。

 

  • 朝起きたとき→胃腸の働きを目覚めさせる
  • 朝・昼・晩の食事時→1日に必要な水分量が摂りやすくなります
  • 体を動かしたとき→汗で流れた水分とミネラル分を補給します
  • 入浴後→汗で流れた水分とミネラル分を補給します
  • 寝る前→就寝中に失われる水分を補給しておきます

 

 

炭酸水も効果的です
天然の炭酸が血液中にとりこまれると、疲労の原因となる水素イオンと結びついて、二酸化炭素と水に変化します。
二酸化炭素は呼吸、水は尿として体外に排出し、疲れの元を取り除くサポートをします。

 

 

 

季節によって、植物が花をつけたり葉をつけたりするのと同じように、人の体も季節によって変化するものなんだな、と改めて感じます。
これからの季節に向けてしっかり健康管理をし、夏を目一杯楽しみたいな、と思っています。