太る食べ方チェック

 

仕事などで忙しい日が続くと、食事を外食やコンビニのお弁当、スーパーのお惣菜などですましてしまいがちだ、という方も多いのではないでしょうか。
私も、ランチは外食が多いのですが、どうしても野菜不足やカロリーオーバーが気になるんですよね・・・
今回は、そんな毎日の食事の摂り方に注目し、理想的な体型を目指す「食べ方テクニック」をご紹介します。
ぜひ、チェックしてみてください。

 

 

ダイエット中は、「食べてはいけない」と思っている方も多いのではないでしょうか?
確かに食べすぎは良くありませんが、ちょっと食べ方を工夫するだけでもダイエットに大きな違いがうまれるのだそうです。
まずは、 普段の「食べ方」をチェックしてみてください。

 

 

知らない間に、太る食べ方していませんか?食べ方チェック

※当てはまる項目を、チェックしてみてくださいね。

 

  • 時間がなくて、朝食を食べられない日が多い。
  •  

  • ごはんとパンだったら、パンの方が好き。
  •  

  • ケーキなどの甘いものと一緒にコーヒーを飲むことが多い。
  •  

  • 人よりいつも食べ終わるのが早い。
  •  

  • 魚料理より肉料理の方が好きだ。

 

いかがでしたか?
2つ以上チェックがついた方は要注意。気がつかない間に、ずっと太る食べ方を続けていたかも!?
ダイエットのヒントになる「食べ方テクニック」をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

やせる食べ方テクニック

 

食べ合わせや食品の選び方によって、「太る食べ方」か「やせる食べ方」かが決まるのだそうです。
食事は毎日のことなので、まずは正しい知識を身につけることが大切です。
この機会にやせる食べ方テクニックをマスターしてみてください。

 

 

毎日の食事では、ちょっとした心がけが大きな違いをうみ出すのだそうです。すぐにでも始められる食べ方テクニックをご紹介します。

 

テクニック1

朝は、脂肪を燃焼させる働きのあるホルモンが活発に分泌されます。
また、朝食をきちんと摂ることで体が目覚め、代謝が良くなるので、エネルギーを効率良く消費させることができます。
忙しい朝でも、せめて牛乳1杯はお腹の中に入れるように心がけてみてください。

 

テクニック2

ダラダラ食べていると、血糖値が上がりっぱなしになってしまい、摂取した糖質や脂質が脂肪に変わりやすくなってしまいます。
1回の食事で上昇した血糖値が通常値に下がるまでには4時間が必要です。
食事と食事の間は4時間以上あけるように心がけてみてください。

 

テクニック3

食べ物をよく噛まずに食べると、胃腸に負担がかかり、消化吸収が悪くなります。
それによって腸内環境が悪化すると、善玉腸内細菌がつくる代謝を促すビタミンB群が不足してしまい、太りやすくなってしまいます。
また、よく噛むことで満足感が得られ、食べすぎを防げます。

 

 

 

毎日の習慣である食事を改めて思い返してみると、意外と自ら太る原因をつくりだしていたのかもしれないな、なんて気づく点があったんですよね。
「ダイエット」というと、特別なことをしなくてはいけないと思ってしまいがちですが、食生活など普段の生活の中からまずできることを考えてみることが大切だな、と感じました。